子供の乾燥肌を予防するステップ「入浴編」

子供の乾燥肌を予防するステップ「入浴編」

子供が乾燥肌になった場合は、どのような方法で入浴をしていけば良いのでしょうか。乾燥によって体のかゆみがある場合などは、必見です。

熱いお湯は乾燥を促進(乾燥肌を悪化)させる

寒い時期などは熱いお湯に入りたくなりますが、熱いお湯は乾燥をうながしてしまいますので、できるだけぬるめのお湯にしましょう。38度前後が寒すぎず、熱すぎずといったところかと思います。

これが40度以上になりますと、皮膚が軽いやけど状態になって皮膚が弱くなってしまいますので、温度には十分注意をするようにしましょう。

また、お湯につかった際にはマッサージなどを行いますと、皮膚が強くなって血行も促進されますので乾燥に強い肌になります。

体を洗う際の注意点

体を洗う際には石鹸や子供用のボディソープなどを使用しますが、現在乾燥肌になっている部分は石鹸などをつけないことをお勧めします。

子どもであれば足や腕、おしりなどが乾燥しやすい部分ですが、すでに乾燥している、かゆみがある部分に石鹸などを使用してしまいますと、余計にかゆみを促進させてしまうことがありますので、その点は注意が必要です。

また、ボディタオルなどを使用する際は、硬めのタオルは避けておきましょう。

できるならば手で優しく洗うことをお勧めします。また、タオルを使わないと洗った気にならないという場合は、できるだけ柔らかいタオルにするようにしましょう。

お風呂上がりのケアの行い方

入浴を行った後にケアを行うことによって乾燥を予防することができます。

お風呂に入るということはいくら気を付けても油分を落としてしまうので、油分を補給するようにすることがポイントの一つです。

お勧めの方法としては、ホホバオイルやオリーブ油は一滴から二摘、洗面器にお湯を張った状態のところに入れて体にかけるだけで体全体に油分が補給されます。

この方法であればお手軽にできますし、塗りすぎる、塗り忘れる心配がありませんので、是非一度お試しになってはいかがでしょうか。
また、体の水分をふき取るタオルにも気をつけてみると良いです。

新しいタオルや、硬めのタオルは繊維が立っていますので、水分は吸い取りやすいですが、皮膚を傷つけてしまう恐れがありますので、できるだけ柔らかいタオルでなでるように水分をふき取ると良いです。

また、乾燥が気になるところにはクリームを追加で塗布するなどをして、できるだけ保湿に努めるようにしましょう。