子供にやさしい保湿ケアシュガースクラブのすすめ

子供にやさしい保湿ケアシュガースクラブのすすめ

子供は非常に乾燥しやすく、保湿が必要な子供もたくさんいます。

しかし、子供用のスキンケア用品の数自体が少なく、子供によってはスキンケア用品に負けてしまってさらに肌の状態が悪くなる場合もあります。

そんな時は肌にも優しく、保湿力も向上するシュガースクラブがお勧めです。

シュガースクラブはどのような効果があるのでしょうか。また、シュガースクラブを作るポイントはどのようなものがあるのでしょうか。

粒子の細かい砂糖の力で優しく汚れを取り除く

赤ちゃんの肌は新陳代謝が非常に良いですので、洗わずに放っておきますと汚れがたまりやすくなります。
そのため、汚れを取り除く必要がありますが、汚れを取りすぎてしまいますと反対に肌に負担がかかってしまうのです。

シュガースクラブは砂糖を原料としています。スクラブといいますと代表的なものは塩などがありますが、塩は一粒一粒が非常に大きく、角が立っていますので汚れを取り除く力が強く肌に負担が多いのです。

砂糖は非常に粒子が細かく、角が立っていませんので肌に優しく優しく汚れを取り除いてくれるのです。

砂糖は保湿効果が高い

シュガースクラブの目的としては汚れの除去の他に、保湿効果があります。砂糖は非常に保湿効果が高く、肌の水分量を向上させてくれます。

砂糖を放置していますと固まってしまうことがあるかと思います。
それは砂糖は空気中の水分を吸ってしまうからだといわれています。

砂糖は水分を含む性質があり、肌に塗った時に水分を肌に与える効果があります。

乾燥しがちな赤ちゃんや子どもに対しては優しく保湿効果を上げてくれますので、非常にお勧めなものだといえます。

シュガースクラブの作り方、使い方

シュガースクラブは市販のものでも販売されていますが、自宅でも作ることができますので気になる方は一度お試しください。

作るのに必要なのは砂糖、オリーブオイル、はちみつの3つです。

砂糖はできるだけ粒子の細かいブラウンシュガーなどがお勧めです。作り方としては砂糖とオリーブオイルを同量混ぜておき、後から3分の1のはちみつを加えるだけです。

容器は清潔なもので保管するようにしましょう。

使い方としては、まず肌に乗せてから1分から2分ほど放置します。顔の熱で砂糖が徐々に溶けてなじんできますので、なじんで来たらマッサージを行います。

マッサージは優しく丁寧に行うようにしましょう。こうすることによって保湿力が向上しつつ、汚れも除去できますのでお勧めです。

《注意!》
敏感肌の方や子供の柔肌に対応するためには、より刺激の少ない方法を取る方が良いです。

特殊微粒子加工で肌の刺激が最小限になるように粒子を細かくしたシュガースクラブを使いましょう。

子供や敏感肌の方のためのシュガースクラブについては⇒子供 乾燥肌 スキンケア

子供の乾燥肌を予防するステップ「保湿編」

子供の乾燥肌を予防するステップ「保湿編」

乾燥肌から子供を守るためには保湿が何よりも大切なことです。保湿を適切にして乾燥肌を防止するようにしましょう。

お部屋の湿度に注意する

いくら頑張って保湿をしても乾燥しているところで長時間過ごしていると、どうしても皮膚の水分が外に逃げて乾燥肌になってしまいます。

夏場や梅雨の時期であれば湿度が高いのですが、冬場はどうしても湿度が低くなってしまいますので、加湿器などを使用することをお勧めします。

まだ、乾燥をうながすものとしては、暖房器具があります。

冬場はどうしても寒いですので暖房器具を使用してしまうのですが、直接暖房が体に当たらないようにすることと、必ず加湿器を付けることをお勧めします。

暖房はどうしても部屋の湿度を下げてしまいますので、加湿器は必須であると考えておきましょう。

水分補給と油分補給は別に考える

乾燥肌の人の場合は、水分と油分が肌に足りない状態ですので、その2つを別々に考えて補うようにすることが必要です。

別々に考えるのは主に順番です。
まずは水分をきちんと肌に補給してあげて、水分が逃げないように上から油分を補給するようにしましょう。

近年水分補給と油分補給がセットになっているものがあります。一度で済みますし便利ですが、これらはできるだけ別々で使う方が良いです。

水分を補給するときは肌に浸透させるように、手のひらで押し込むように付けていくこと。油分を補給するときは肌の表面に滑らすように付けることをお勧めします。

特に乾燥している場合ですと、水分補給は非常に重要になりますので、しっかりと行い、後から油分を補給して肌をバリアさせるようにしましょう。

水分をしっかりと摂取する

乾燥している人でありがちなのは、水を飲んでいないということです。

これは夏場であれば暑いので喉も自然と乾きますので、水分もきちんと摂取できますが、冬場になりますとどうしても水分摂取量が少なくなります。

一般的に水分は食事以外に1.5リットルぐらい摂取できれば一番良いとされています。

水分が足りませんと、肌は乾燥しますし、体にも良くありません。特に大人は意識をして飲むことができますが、子供は意識をしても自分から進んで飲むことはしませんので、大人がしっかりと声をかけてあげるようにすることが大切になってきます。

水分をしっかりと摂取しますと、効果のある人であれば1週間もたたずに効果を実感することができます。

子供の乾燥肌を予防するステップ「洗う編」

子供の乾燥肌を予防するステップ「洗う編」

子供は乾燥肌になりやすいので、どのようにして対応したらいいのか迷うことがあります。

今回は予防するための「洗い方」についてご紹介していきます。

洗顔料を使う場合は配合成分を確認する

子供の洗顔料を考える際には配合成分をきちんと確認することが大切になります。
肌刺激があまりない配合成分を選択しましょう。

一概には言えませんが、子供用の洗顔用品は、大人のものと比べても価格が低い傾向にあります。

価格が低い洗顔用品は、主原料の値段を低くする必要があるため、刺激の多い原料が選ばれがちになっています。

添加物なども値段が高いものに比べると含まれていることが多く、子供の肌に余計に負担を与えてしまう可能性がありますので、十分注意することが必要になります。

水飲みの洗顔で良いのか

洗顔料は刺激が強いものが多いので、あまり使用したくない、使用する意味がないと考えている人も多いのではないでしょうか。

そういった方には洗顔料を一切使わない水飲みで洗う水洗顔が流行っているようですが、水洗顔が子供の肌にとって良いと限りません。

水飲みで落ちるのは水溶性の汚れのみであり、油性の汚れ、例えば油、皮脂などは落ちません。

確かに水洗顔は肌に良いイメージがありますが、皮脂が多い子供に対しては適切な洗顔方法ではないといえますので、子供の状態に合して水で洗うのみ、お湯で洗う、洗顔料を使うなど様々な方法を検討することが大切です。

小さな子どもにおすすめしたい洗顔方法

お勧めの洗顔方法としては子供の肌の状態に合して選択するということです。

乾燥肌の場合…乾燥している、粉を拭いているなどの場合は皮脂や水分が足りていない状態ですので、ぬるま湯のみで洗う方法がお勧めです。

洗顔料も使わないようにしましょう。もし汚れが気になる場合は、ベビーオイルなどで顔を優しくマッサージすることによって油分を除去することができますし、肌にも優しいといえます。

また、洗う際は必ずぬるま湯にしましょう。

熱いお湯ですと余計に皮脂が落ちてしまい、肌にも負担がかかってしまいますので、36度から38度前後のぬるま湯がお勧めです。

油っぽい肌の場合…生後間もない場合などは油っぽい肌になりがちです。

その際は余計な油分を除去しつつ、乾燥を防ぐということを頭に置いておきましょう。

洗顔料を使う際は、できるだけ優しい成分が含まれており、余計なものが含まれていないものにしましょう。
植物性の洗浄成分や自然由来のものがお勧めです。

とくに最近注目されているシュガースクラブによる乾燥肌対策の人気が最近高まっています。

子供の乾燥肌を予防するステップ「入浴編」

子供の乾燥肌を予防するステップ「入浴編」

子供が乾燥肌になった場合は、どのような方法で入浴をしていけば良いのでしょうか。乾燥によって体のかゆみがある場合などは、必見です。

熱いお湯は乾燥を促進(乾燥肌を悪化)させる

寒い時期などは熱いお湯に入りたくなりますが、熱いお湯は乾燥をうながしてしまいますので、できるだけぬるめのお湯にしましょう。38度前後が寒すぎず、熱すぎずといったところかと思います。

これが40度以上になりますと、皮膚が軽いやけど状態になって皮膚が弱くなってしまいますので、温度には十分注意をするようにしましょう。

また、お湯につかった際にはマッサージなどを行いますと、皮膚が強くなって血行も促進されますので乾燥に強い肌になります。

体を洗う際の注意点

体を洗う際には石鹸や子供用のボディソープなどを使用しますが、現在乾燥肌になっている部分は石鹸などをつけないことをお勧めします。

子どもであれば足や腕、おしりなどが乾燥しやすい部分ですが、すでに乾燥している、かゆみがある部分に石鹸などを使用してしまいますと、余計にかゆみを促進させてしまうことがありますので、その点は注意が必要です。

また、ボディタオルなどを使用する際は、硬めのタオルは避けておきましょう。

できるならば手で優しく洗うことをお勧めします。また、タオルを使わないと洗った気にならないという場合は、できるだけ柔らかいタオルにするようにしましょう。

お風呂上がりのケアの行い方

入浴を行った後にケアを行うことによって乾燥を予防することができます。

お風呂に入るということはいくら気を付けても油分を落としてしまうので、油分を補給するようにすることがポイントの一つです。

お勧めの方法としては、ホホバオイルやオリーブ油は一滴から二摘、洗面器にお湯を張った状態のところに入れて体にかけるだけで体全体に油分が補給されます。

この方法であればお手軽にできますし、塗りすぎる、塗り忘れる心配がありませんので、是非一度お試しになってはいかがでしょうか。
また、体の水分をふき取るタオルにも気をつけてみると良いです。

新しいタオルや、硬めのタオルは繊維が立っていますので、水分は吸い取りやすいですが、皮膚を傷つけてしまう恐れがありますので、できるだけ柔らかいタオルでなでるように水分をふき取ると良いです。

また、乾燥が気になるところにはクリームを追加で塗布するなどをして、できるだけ保湿に努めるようにしましょう。

健康な皮膚とドライスキン

健康な皮膚とドライスキン

健康な皮膚状態であれば特に問題がありませんが、人によってドライスキン(乾いた皮膚)と呼ばれる状態があり、ドライスキンになりますと様々なリスクがあります。

また、子供であればドライスキンはかゆみが発生してしまう、大人であればかゆみは我慢できますが、ひび割れなどの痛みが伴うことがあります。

人によっては痛みのために家事ができなくなった、料理や洗濯、水を使う家事をするのが非常に苦痛に感じてしまうということがありますので十分注意する必要があります。
ドライスキンと健康な皮膚状態は具体的
にどのような違いがあるのでしょうか?

皮膚に隙間ができる

ドライスキンになりますと、皮膚が乾燥をしてめくりあがるようなイメージなります。

そのため、皮膚同士の隙間が空いてしまって、外部から刺激物が入り込みやすくなるのと同時に、内部の水分が抜けやすくなってしまうのです。

健康な皮膚の場合は、隙間なく皮膚が並んでいますので、外部から刺激があっても角質層で防ぐことができます。

また、皮膚がめくりあがってしまいますと、外部からの刺激を直接受けることになってしまいますので、かゆみなどが発生して、子供であれば我慢できずに掻いてしまうということになりかねません。

神経が皮膚の近くまで上がってくる

ドライスキンになってしまいますと神経が皮膚の近くまで上がってしまいます。

その理由としては皮膚は上から角質層、表皮、真皮という順番にありますが、ドライスキンになります角質層がめくれあがり、表皮の水分が抜けて隙間ができてしまいます。

通常神経は表皮の手前でとまっていますが、ドライスキンになると表皮の水分が抜けて隙間が空くので、神経が表皮の中まで侵入してしまうのです。

そのため、少しの外部刺激でも神経に触れることがありますのでかゆみや痛みが感じやすくなってしまうのです。

ドライスキンは冬場に起こりやすい

ドライスキンは冬場に特に起こりやすいとされています。夏場は特に問題ない健康な皮膚状態であっても、冬場になればドライスキンが発生してしまうことがあります。

なぜ冬場にできるかといいますと、冬場は空気が乾燥しがちで、皮膚の中の水分が外に抜けてしまうことがあげられます。

皮膚の中の水分が抜けてしまいますと皮膚が乾燥してしまって、ドライスキンになってしまうのです。

そのため、通常であれば特に問題のない方でも冬場の乾燥した時期になりますとドライスキンが発症する場合がありますので、注意しておきましょう。